ウォーター

水素水を取り入れればキビキビとした生活を送れる

健康を保てる水

水

水素水は体内の活性酸素を除去する働きがあります。活性酸素は様々な病や老化を引き起こす原因物質です。それを除去する事で、健康と美容を保てる事が期待されています。ただ外気に触れると抜けてしまい、水素濃度は低下します。開封後は保存せず、すぐに飲むようにしましょう。

詳細へ

美容や健康に関心がある方

コップを持つ人

水素水は美容面で大きな効果が期待できますが、健康面でも体調維持に効果を発揮します。水素が持つ老廃物除去能力は非常に高いです。健康を損なうような老廃物除去にも力を発揮し、健康維持に大きな役割を果たすでしょう。

詳細へ

健康と美容に効果的な水

ウォーター

水素水は、通常の水と味は変わりませんが、摂取すれば便秘の改善や血行促進、免疫力アップなどの様々な効果が期待できます。現在は、薬局やコンビニでも気軽に手に入れることができます。毎日摂取したいのであれば、ウォーターサーバーを利用すると良いでしょう。

詳細へ

水素濃度の濃さが大切

水を飲む人

水素が抜けにくい容器

健康のために水素水を飲む人が増えており、市場には多くの水素水が出回っており、どれを選べばよいのか迷ってしまいます。水素水を選ぶ上で肝心なことは、配合されている水素の濃度と、水素が抜けにくい容器に入っていることです。水素水として販売することが許可されている濃度は、0.08ppm以上ですが、水素水の効果を感じるには、0.6ppmから1.6ppmの濃度のものがベターです。水素水の容器は、アルミパウチ、アルミボトル、ペットボトルの3種類がありますが、最も水素の密閉性に優れ、携帯性にも優れているのがアルミパウチです。保存期間も6か月と眺めで、封を開けても2、3時間は水素を保てるので、すぐに飲み切れない時にも便利です。一方、アルミボトルは、一度開けるとどんどん水素が抜けてしまうので、一気に飲まない場合は、おすすめできる容器ではありません。ペットボトルにおいては、飲む前から水素が抜けていることもあるので、避けるのが賢明です。また、新鮮な水素水が飲めるとして評判が高いのがスティックタイプで、水素スティックをペットボトルに入れ、自分で水素水が作れるのが特徴です。メーカーによって作れる水素濃度は違いますが、0.2ppmから7.0ppmの濃い水素水が作れます。水素水が生成されるまでの時間は、10分から8時間と様々なので、自分に合ったタイプのものを選ぶのが良いでしょう。このようなポイントを押さえながら、ライフスタイルの合ったものを選ぶのがベストです。